目的と手段を履きちがえるな~英語学習を例に~

日本人は「正しい英語を話すこと」に神経を使いすぎ

日本人は正しい英語を話すことに神経を使いすぎだと思う。

かくいうわたしもそうだ。

「下手な英語を話せばきっとバカにされる」と思い込み、留学先でもろくにチャレンジできなかった。

その時は「英語が下手だから自分の気持ちを伝えられない。そんな環境は自分にはストレスだし、合っていない。」と

英語が下手であることを理由にわたしは英語を話すことをあきらめてしまった。

しかし、今思えばわたしは英語の表面的な魅力に惚れ込んでいただけなのかもしれない。

ただ、日本人が流暢に英語を話す・話せることにすごさ優越感を感じたかっただけなのかもしれない。

しかし、はじめからそうだったわけではない。

英語を学ぼうと思ったきっかけは「もっと広い世界を知りたい。そして、自らの視野を広げたい。」と思ったから。

だからこそ、はじめて外国人と話し、自分の英語が通じた時の感動は大きかった。

本来であれば交わるはずのなかった異国の人とコミュニケーションが取れている。

「自分はこれから世界中の誰とでも繋がれる。」

そんな期待に、一瞬で世界が広がっていく気がした。

わたしにとって英語は、自分の世界を広げるためのツールにすぎなかった。

しかし、英語を学ぶにつれて、いつしか自分の世界を広げるという本来の目的から逸れ、英語を学ぶことが目的になってしまっていた。

TOEICや英検などの英語力を証明する試験は、点数という形で上達が目に見えて楽しくなる一方で、

ネイティブスピーカーのような完璧な英語を追い求めれば追い求めるほど、

自分にはそこを目指すほどの気力と体力がないことに気づき、どんどん辛くなっていった。

英語学習にはゴールがない。

そんな気の遠くなるような道のりを前に、わたしは英語から遠ざかるようになった。

留学後だったこともあり、自分の中では留学するという目標も達成でき、一区切りついたつもりだった。

しかし、あることを機に、こんな自分が間違っていたことに気づいた。

英語学習の「本質」は何か

それは、本記事を練っていた時のこと。

「自分の強みを生かせる記事を書けないか」と考え、ずっと学んできた英語に関する記事を書くことにした。

当初は「1つの文法を学べばそれを様々なシーンに応用できる」といった文法に重きを置いた英語学習者向けの記事を書こうと思い、

いくつかの例文を英語に訳す作業をしていた。

訳したあと、自分の訳が正しいのか答え合わせするため、ネット上で様々な人の英訳を見ていたのだが、途中ハッとさせられた。

何故なら、自分の訳はとても回りくどいし、小難しい文法にとらわれてしまっていることに気づいたからだ。

例えば、「どうして彼女はそんなにストイックなのだろう?」という例文。

わたしの訳は “What is makes her so strict with herself?” だった。

また、「何で彼はそんなにネガティブなのだろう?」という例文。

わたしは “How come he becomes a negative immediately?” と訳した。

しかし、「What make you ○○? (何があなたを○○させるの?) 」 「How come you ○○? (どうしてあなたは○○なの?) 」

などといった英語初心者には小難しい文法など使わなくても、同じ内容をもっとシンプルに伝えられる。

前者は “Why is she so strict with her self?” (どうして彼女はそんなにストイックなのだろう?)

後者は “Why is he so negative?” (何で彼はそんなにネガティブなのだろう?) という具合に。

「why + be動詞 + S + V ? (なぜあなたは○○なの?) 」

この英語初心者でも使いこなせるような簡単な文法1つで伝えたいことはしっかりと表現できる。

さらに本質に迫ってみよう。

「何で彼はそんなにネガティブなのだろう?」

日本人は真面目だからこの文をそんまんまのニュアンスで訳そうとしがちだ。

そうすると、最初のわたしの訳みたいに小難しくなる。

しかし、結局ここであなたが伝えたいことは何なのか、「あなた」を主語にして今一度考えて欲しい。

「あなたは彼がとてもネガティブだと考えている」
「あなたはそれが理解できない」

という2点に尽きるのではないだろうか。

すると、こんな訳し方でも良いのではないだろうか。

“I think he is negative.” (わたしは彼はネガティブだと考える)
“I can’t understand.” (わたしには理解できない)

これで十分伝わる。

英語を話せるようになるには

この瞬間、わたしはわかった。自分が英語が上達しなかった理由が。

わたしはそもそも正しい英語を話すことに捉われすぎていた。

大事なのは、「正しい文法で英語を話すことではなく、伝えたい日本語をシンプルに置き換え、

誰にでもわかるような平易な英語でストレートに表現してあげる」ことだったのだ。

そもそも、日本語と英語とでは性質が全く異なる。

日本語は英語のように毎回主語を用いない。それに対して、英語は主語がないと文として成り立たない。

日本には尊敬語謙譲語丁寧語など明確な使い分けが存在するが、英語には丁寧語くらいしか存在しない。

また、日本語は一番最後に結論を持ってくるが、英語は先に結論を述べるような文の体型を好む。

そもそも文化も異なる。

単一民族の日本では、「皆んなが同じ」であることをよしとするため、なるべくオブラートに包んで回りくどい表現をする傾向がある。

それに対して、人種のサラダボウルと呼ばれるアメリカでは特に、「みんな違って当たり前」なので、自分の主張をはっきりとストレートに表現する。

そうでないと意思疎通が困難であったから。

このような違いから、そもそも日本語と英語とを一括りに捉えるのが間違いだったのだ。

英語を話す時は、日本人的な話し方を一度忘れ、自分が本当に伝えたいとなる部分を伝えることだけに集中して、なるべく平易な英語で表現する。

これが最も大切だ。

その工夫を重ねていくことで、今ある英語力だけでも十分に英語で会話することはできる。

むしろ、大事なのは話の中身であって、チグハグな表現であってもそれが伝わりさえすれば良いのだ。

このことに気づけた時、はじめて英語を学ぼうと思った時の「世界中の人との交流を通じて、自らの世界を広げたい」という原点に立ち帰れた気がして、留学以来久しぶりに「もう一度海外に行きたい」と思えた。

日本人がしがちな誤解

ここでさらに自分の主張を補強する話になるが、そもそも、英語を第一言語とする彼らが日本人が完璧な英語を話すことを期待するだろうか。

そんなバカ高いハードルは存在しないはずだ。

なぜか。

逆の立場で考えてみたら明らかだ。

日本語を第一言語とする我々が、英語を母語とするアメリカ人に完璧な日本語を話すことを期待するだろうか?

しないはずだ。

もちろん話せたら驚くし「勉強熱心なんだな」と尊敬することはあるだろうが、意思疎通するということにおいては優先順位は低い。

なので、「完璧な英語を話すことに延々と時間を割くぐらいなら、本を読んで自身の人間性を深めた方がよっぽど効率的だな。」と思う。

「意思疎通する」ということにおいてはカタコトの英語であっても、しっかりと自分の伝えたいことを伝えられればそれで十分なのだ。

大事なのは自分を良く見せることではなく、英語というツールを持って新たな価値観に触れることなのだ。

そのことさえハッキリとしていれば、泥沼な英語学習に陥ることなく、英語を武器に、世界中で羽ばたくことは今からだって可能だ。

自分らしく生きよう

新卒で入社した大手企業を8ヶ月で辞め、現在はフリーター。ブログでは、「会社を辞めよう」と思ってから実際に辞めるまでの葛藤や、辞めてからの生活を正直に書いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする