King Gnuの「白日」を聞いて

世に残る名曲を1曲作りたい

という目標をかかげ、最近は曲作りに励んでいる

そんな最近のお気に入りの曲はKing Gnuの「白日」という曲だ

2019年12月2日現在、YouTubeの再生回数は9000万回を超え、1億回再生突破も近い

またこの曲は、坂口健太郎が主演を務めた日本テレビの「イノセンス 冤罪弁護士」というドラマの主題歌に採用された曲でもある

私はこのドラマを毎話見ていたので、この曲には馴染みがあった

今日たまたまYouTubeを開いたらオススメ機能で表示されたので聞いてみたのだが、これがどハマりしてしまった

ドラマが放送されていたころは作曲自体に興味がなく、歌を聞く習慣もなかったので、全く注目していなかったが、最近曲を作るようになって改めてこの曲の凄さを感じている

今の自分には到底作れないだろうなと

メロディのリズム感、ストレートだけど臭くない詩

こんな素晴らしい曲を誰がどんな風に作ったのか気になったので調べてみると、

この曲はグループの作詞作曲全てを担当するリーダー常田 大希(つねた だいき)が

年末から年始にかけて家にこもって書き上げた曲だそう

本作品はグループの代表曲とも言える曲で、本人も本作の反響を受け、「(これまでの努力が)報われた」と感じたそう

作詞作曲は常田が担当しているが、他のメンバーも早くから音楽に精通していて、当たり前だけど、学生時代から努力してきていて、才能あるグループなんだと感じた

今の私の努力でこの世に残る名曲なんて作れるわけないと思ってしまった

と同時に今の自分に足りない要素も見えてきた

もっともっと沢山の曲を聞かなきゃだし

もっと深く1つの曲を深掘りして曲の構成だったり詩の特徴を分析しなきゃいけない

そんな感じで最初は真似事で曲を作っていくやり方が一番手っ取り早いと思った

だけど今の自分はその日の気分で鼻歌を歌ったり、ピアノを鳴らしたりしているだけで、

それだと圧倒的に音楽に向き合う時間や勉強量が足りないわけで

ブログを極めると言った時もそうだったけど、今回の「作曲家になる」という夢も、いつの間にか本気の夢から趣味や道楽レベルに下がってしまっていて、それではいつになっても夢は叶えられないと痛感

一体何がしたいのか自分

いつまで気まぐれに生きるのか自分

そもそもそれは本当に叶えたい夢なのか

こんなことでは本末転倒だし、ブログの締め方としては最低だけれど、

今のこの気持ちをブログに残しておいた方が良いと判断したので、

投稿します

自分らしく生きよう

新卒で入社した大手企業を8ヶ月で辞め、現在はフリーター。ブログでは、「会社を辞めよう」と思ってから実際に辞めるまでの葛藤や、辞めてからの生活を正直に書いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする